銀聯カードは中国でメジャーなデビット機能付きキャッシュカード

銀聯カードは、中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)という企業が管理しているカードです。
中国人にとってはなじみが深く、
「たいていの中国人はお財布の中に銀聯カードを持っている」
と言われるほどです。

 

銀聯カードを持っていれば、
いろいろな場所にあるATMでお金を引き出すことができます。
中国に設置されたATMは、ほとんどが銀聯ネットワークに加盟しています。ですから、銀聯カードがあれば、手持ちの現金が足りなくなってもすぐに引き出しができるのです。

 

また、デビットカードの機能を持つ銀聯カードがあれば、
現金を持っていなくてもショッピングができるので便利です。
先進国ではクレジットカードによるショッピングが一般的で、
現金をあまり持たなくても行動できます。

 

防犯という面においても、
現金を持たずに行動できるのは大きなメリットです。
しかし、貧富の格差が激しい中国では、
まだクレジットカードは普及していません。

 

そのため、いつも現金を持って行動するしかありませんでした。
しかし、銀聯カードの普及によって、
カードによるショッピングが可能になりました。
手数料なしで決済できるため、ショップにとってもメリットがあります。

 

中国人だけでなく、海外からの旅行者にとっても、
銀聯カードは便利な存在です。銀聯カードはなんといっても、
加盟店が多いことが特徴です。

 

銀聯カードの加盟店は、
国際クレジットカードの加盟店の3倍にも及びます。
クレジットカードが使えない場所でショッピングする時、
銀聯カードがあれば安心です。
現金が足りなくても、スムーズに会計ができるでしょう。

銀聯カードのニーズが高い理由

銀聯カードのニーズが高い理由はたくさんあります。
たとえば、銀聯カードは海外旅行先での
ショッピングに使えるという大きな魅力があります。

 

中国の経済力が上がるにつれて、
海外旅行を楽しむ中国在住者が多くなっています。
日本でも、中国からの旅行者は年々増えています。
海外旅行を楽しむ中国在住者の一番の目的は、ショッピングです。
しかし、現在の中国は外貨持ち出し制限を行っているため、
ショッピング資金を持ち出すのはむずかしいのです。
でも、銀聯カードがあれば、
加盟店で気ままにショッピングができるわけです。
日本における銀聯カードの加盟店は、すでに1万店を超えています。

 

銀聯カードのニーズが高い理由として、
中国国内での加盟店の多さがあげられます。
すでに300万以上ものショップが、
銀聯カードの加盟店になっているというからすごいですね。

 

マスターカードやビザカードといった国際カードの加盟店ですら、
いまだに30万に届かない状態なのです。
現金を持たずに気軽にショッピングができるアイテムとして、
今後も銀聯カードはどんどん広まっていくことでしょう。

 

海外でも銀聯カードの加盟店が増えており、
アジアだけでなく欧米でも利用しやすくなっています。

 

銀聯カードのニーズが高い理由として、
ショップが安心して決済できるということもあげられます。
デビッドカード機能のついた銀聯カードは、即時決済ができます。

 

クレジットカードのように決済に時間がかかりませんので、
手数料が必要ありません。
また、現金のようにすばやい利益があげられるのですから、
ショップにとっては言うことなしの支払方法なのです。