中国にチップの習慣はある?

中国にチップの習慣はあるのかどうか、気になっている方も多いことでしょう。
海外旅行に行く際、日本人が非常に気にするのがチップの習慣です。
海外ではチップを渡すのが常識だと思って、やたらに小銭を渡してしまう方もいらっしゃいます。

 

しかし、実際にはチップの習慣がない国もたくさんあります。
中国にも、チップの習慣はありません。
ですから、ホテルやレストランでも、日本と同じように行動してかまわないのです。

 

もともと、中国には日本のような「接客業はサービスが必要」という概念があまりありません。
ぶっきらぼうな接客もめずらしくないため、わざわざサービス料であるチップを渡す必要がないわけです。
ただし、すばらしいサービスを受けたと感じた時には、チップを渡してもいいでしょう。

 

タクシーの運転手に無理をいって待ち合わせ時間に間に合うようにしてもらったり、
ホテルで重いトランクをいくつも運んでもらったり…。こんな時にチップを渡したくなったら、
支払う金額の端数を切り上げるといいですね。端数分がチップとなるわけです。

 

イギリスに長く統治された香港では、ベッドメイキングのチップを置いておくべきだという説もあります。
ただし、ホテルではあらかじめサービス料を設定しているケースもあります。必ず渡すべきものではありません。
また、トイレの係員がチップの小皿と一緒に待機しているのをよく見かけますが、
こちらもチップを必ずしも渡さなくてもかまいません。

中国にチップの習慣はある?関連エントリー

注意点
日本から中国に行く際の注意点
香港・マカオと中国本土の違い
中国の中でも特別な香港・マカオと中国本土の違い
コンビニ
中国旅行の時に使うことになる中国のコンビニ
中国旅行の持ち物
中国旅行に持って行った方が良い持ち物について。
中国のお菓子
中国のお菓子をお土産に買うならどんなもの
中国の世界遺産
中国旅行で中国の世界遺産を見る