デビットカードとクレジットカードの違い

デビットカードとクレジットカードって、どんな違うがあるんだろう?
と疑問に感じていらっしゃる方が多いですね。
デビットカードとクレジットカードは、どちらもショッピングで便利に使えるものです。
現金がお財布に入っていなくても、加盟店であればカードを差し出すだけで支払いができます。
国内ではもちろんのこと、海外旅行ではなくてはならないスグレモノです。
しかし、違いについては意外に理解してない方も多いのです。
では、デビットカードとクレジットカードの違いについてご説明しましょう。

 

クレジットカードでのショッピングは、信用買いと呼ばれています。
クレジットカードを新規で作るためには、収入や年齢など厳しい審査をパスしなければなりません。
持ち主の支払い能力を信用して、カード一枚で高価な買い物もできる仕組みになっています。

 

ですから、低収入がない方や、学生は自分名義のクレジットカードを持つことができません。
クレジットカードは分割払いやボーナス払いも可能なので、月収以上のショッピングが可能になります。

 

デビットカードは、クレジットカードのように支払時に現金は不要です。
しかし、クレジットカードとは異なり、即時決済をすることが特徴です。
そのため、現在口座にある金額以上のショッピングはできません。
制限があることで、お金の使いすぎを防ぐことができます。
またショップからすれば、即時決済をするデビットカードは、手数料を支払わずに済むうれしいものです。